物件選びのコツ

選び方・探し方のポイントをご紹介

予算を決める

賃貸物件を探す際、絶対に外せない条件の一つが予算でしょう。
一般的に、適正な家賃の目安は月の手取り収入の3割程度といわれています。仮に、この比率以上の家賃の部屋を借りた場合、生活がひっ迫する可能性があり、破綻してしまうこともありえます。また、毎月の家賃以外にも管理費や共益費が必要となる場合もあり、車を所持しているのなら、駐車場の代金もかかるでしょう。
この他の費用として敷金や礼金、不動産会社への手数料、引っ越し業者に支払う代金などがあります。新居に引っ越すには、こうした諸経費も含めて家賃の6ヶ月分を初期費用として準備することをおすすめします。予算は多少多めに見積もり、生活を圧迫しない程度に設定するよう心がけましょう。

条件の優先度を決める

「駅から近い」「広い間取り」「多い収納」「築○年以内」「都心から○分以内」など、条件は無数にあり、理想を挙げればきりがありません。
しかし、当然良い条件を重ねていけばそれだけ家賃も上がっていくため、全ての条件を満たす物件を探すのは現実的ではありません。そのため、実際に物件を探す前に条件の優先度を選定し、譲れる条件と譲れない条件を明確にして おくと良いでしょう。 具体的には、以下の様な条件が挙げられます。

・家賃 ・場所 ・最寄り駅までの距離・間取り、敷地面積
・周辺環境(病院、コンビニ)
・セキュリティ面(オートロック、管理人の有無)等々

とはいえ、条件に拘りすぎても紹介してもらえる物件は少なくなってしまうし、それ以外の良い物件を見逃してしまうことになりかねません。

ある程度、条件に幅を持たせて選択肢を広げることをおすすめします。

住環境を確認する

内見する際、どうしても部屋の中ばかりに意識がいってしまいますが、実際に生活した時を想像して、建物周辺の環境も確認するようにしましょう。

例えば、周辺道路の交通量や騒音、施設などです。道路状況は、平日と土・日で交通量が変化するため注意が必要です。スーパーやコンビニの有無といった日常的な買い物の利便性や、いざという時のために病院までの距離なども考慮しておくと良いでしょう。

また、賃貸は防音性の低い物件が多いため、近隣の住人のこともチェックしておきたいもの。ただし、こればかりはタイミングの問題などもあるため、気になるなら不動産会社や管理会社に思い切って尋ねてみましょう。

探す時期

物件を探す時、意外と盲点なのが探す時期です。不動産業界にも繁忙期と閑散期があり、入学や就職の準備がある年明け~3月頃までが繁忙期となります。

部屋を探す人が最も多いこの時期は、同時に引っ越しシーズンでもあるので人の入れ替わりが激しい時期でもあります。良い物件が多い反面、そうした人気物件はすぐに借り手が決まってしまうので、広い情報収集と素早い行動力、決断力が大切です。

また、この時期は借り手が多いため、家賃も高めに設定されていることが多く、大家さんも強気で家賃交渉に応じない傾向にあります。 一方、梅雨時~8月頃は閑散期となり、部屋を探す人が少なく業界全体としても家賃が下がる傾向にあります。そのため家賃交渉に応じてくれやすい時期になります。

その他

意外かもしれませんが、エレベータとの位置関係は細かいながらも事前に調べておくべきポイントといえます。

その理由としては、やはり音が挙げられます。単純に、エレベータの駆動音が聞こえるような場合、室内で気になるかどうか確認しておくと良いでしょう。起きて生活している分には気にならなくても、深夜就寝時になると気になって眠れない、ということもあるかもしれません。

また、当然ですがエレベータには人が集まります。そのため、部屋からエレベ―タまでの距離が近いと、それだけで人の往来が多くなってしまいます。1フロアあたりの戸数が多い建物の場合頻繁に人が行き来するため落ち着けない、なんてことにもなりかねません。これは、特に1階の部屋の場合は顕著です。

もっとも、そのような部屋の人気がないのは貸す方も分かっているので、他と比べて賃料が低く設定されていることが多々あります。気にしない人にとっては、むしろおすすめ物件といえるかもしれません。

賃貸物件情報検索 今すぐ検索

  • スタッフブログ
  • リフォームのテラムラ
  • Facebook

おすすめ物件

  • 市川店
  • 本八幡店
  • 津田沼店
  • 錦糸町店
  • 新小岩店
  • 個人情報保護方針
ページのトップへ